最近、電車とか街で就活生をよく見かけるようになった。




はなころは今の会社に拾ってもらい、のびのびお仕事をさせていただいてるけど、就活は色々な企業を受けた。





就活…って聞くと途端にナーヴァスになる人たちが多いけど、ぼかァ楽しかったね!





どこにも受からなかったらそれはそれで、バイトをしながら絵を描ければいいと思っていたので(クズ)




採用っていうのは基本的なコミュニケーションが取れるかどうかを1番に見ているのと、その人がもつ個性を見ているんだと思う。
その上で企業が求める人材の要素を持っていたら採用されるし、基準がズレてたらお祈りされる。



はなころは何回もお祈りされる度に嬉しくなった。


やっぱ、コロちゃんは日本の堅苦しい企業の枠に収まるようなキャラじゃないんだ!


企業という社会の枠から否定されるたびに、自分の個性がより確固たる独自性を得ているような気分に浸れてとても気分がよかった。





そんなこんなで心のままに就活をしていたぜ!


 


就活のエピソード

IMG_4919



これだから、ゆとり世代は...